福祉保健部会

福祉保健部会

地域住民の皆様の子育て支援や健康作り、高齢者や要援護者への支援活動などを推進します。

2017年3月25日土曜日


本牧山頂公園のヒザクラ開いてきました、明日明後日のお天気次第では満開とまでいかないまでも五分咲きくらいにはなるのではと思わせます。
ソメイヨシノも満開になるであろう(と予測しています)4月1、2日に、本牧山頂公園ならではのお祭りを開催いたします、なんと、お琴の演奏に笙がジョイントすることになりました。
三溪園で雅楽の演奏をしていらっしゃるメンバーのお一人です。
日本を代表する花「さくら」のイベントに、和楽器、おもてなし整いました!
是非お出かけください。
本牧山頂公園
所 在 地〒231-0805 横浜市中区和田山1-5
TELTEL: 045-622-2766

2017年3月1日水曜日

横浜市中区母子訪問員の募集:中区役所

横浜市中区母子訪問員の募集


中区こども家庭支援課では、新生児と産婦の家庭訪問等をしていただく母子訪問員を募集しています。
     業務内容
(1) 新生児と産婦の家庭訪問
 
(2) 家庭訪問の記録と報告
 
(3) 月1回の業務連絡会
 
(4) 横浜市こども青少年局主催の研修会への参加
 
    応募要件
(1) 助産師免許又は保健師免許を有すること
(2) 64歳以下であること(平成2941日現在)
(3) 健康であること
    身分
地方公務員法第3条第3項第3号に基づく非常勤特別職
    募集人数
若干名
    委嘱期間
平成2941日~平成30331
※更新あり 満65歳に達した日の属する年度の末日まで
    勤務時間
訪問先の家庭との連絡により決定(概ね11時間以内)
    報酬等
(1) 基本報酬 訪問1回につき 4,000
(2) 業務連絡会報酬 活動1回 2,950
(3) 研修会参加報酬 研修1回 5,900
    申込・問い合わせ
中区役所こども家庭支援課
電話:045-224-8198

FAX045-224-8159

横浜市中区役所 〒231-0021 横浜市中区日本大通35番地
電話 045-224-8181(代表)/Fax 045-224-8109/お問い合わせはこちら
(引用:中区役所ホームページ)

横浜市消費生活総合センターからのお知らせ!



消費生活に関する、商品やサービスの契約トラブルなどについて、消費者からのご相談をお受けし、解決に向けた助言などを行っています。
  • 対象者は、横浜市に在住されている方です。(在勤・在学の方からのご相談も可能な場合もありますのでご相談ください)
  • 事業者や個人事業主の方からの事業に関わる契約のご相談はお受けしていません。
  • センターの応談範囲は主に助言や情報提供です。必要に応じて事業者への仲介(あっせん)を行うこともありますが、事業者へ指導・強制したり、弁護士業務のように相談者の代理人となって交渉したりはできません。
  • 横浜市消費生活総合センター
    (公益財団法人 横浜市消費者協会)

2017年1月28日土曜日

地域で見守る認知症!認知症サポーター養成講座を開催

本日、上台集会所にて認知症サポーター養成講座を開催いたしました。
関根リーダー
清水さんの講座はとてもわかりやすいです。
演劇で社会貢献する、フォルツァ街 新井代表

地域で見守る認知症!

なぜ「オレンジリング」なのか
「柿色」をしたオレンジリングは、認知症サポーターの目印です。江戸 時代の陶工・酒井田柿右衛門が夕日に映える柿の実の色からインスピレー ションを得て作り出した赤絵磁器は、ヨーロッパにも輸出され世界的な名 声を誇りますが、同じく“日本初”の「認知症サポーターキャラバン」の オレンジリングが、世界のいたるところで「認知症サポーター」の証とし て認められればとの思いからつくられました。 なお温かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味をもつ と言われています。

「認知症サポーターキャラバン」のマスコット
「ロバ隊長」は、「認知症サポーターキャラバン」のマスコットです。 認知症サポーターの「キャラバン」(隊商)の隊長として、「認知症にな っても安心して暮らせる町づくり」への道のりの先頭を歩いています。ロ バのように急がず、しかし一歩一歩着実に、キャラバンも進んでいきます。

2016年12月1日木曜日

【第4南部】地区社協バスハイク


【第4南部】地区社協バスハイク
 11月27日(金)第4南部地区社会福祉協議会主催のバスハイクが行われました。
日頃から、「一人暮らし高齢者お楽しみ食事会」と「ふれあいサロン」に参加している方が対象でバスで江の島と鎌倉を目指しました。最初の目的地は「新江の島水族館」です。皆さんからは「何年振りかしら…」、「新しくなってからははじめて!」等期待の声が聞こえてきました。海の生き物たちに夢中になり自然と歩く距離も延び、階段を昇り降りしていました。引き続き江の島でお食事をして一息つき、次の目的地の鎌倉へ。紅葉を眺めながら大仏見物をしました。帰りのバスでは心地良い疲れを感じながら、無事に横浜へ戻ってきました。


11月27日(金)第4南部地区社会福祉協議会主催のバスハイクが行われました。

2016年11月30日水曜日

12月3日(土)中区福祉保健活動拠点「なかふく」で、子どもから大人まで 楽しめるおまつりを開催します。



中区福祉保健活動拠点
なかふくまつり 
日 時 12月 3日(土)13:00~16:00
会 場 中区福祉保健活動拠点「なかふく」 (中区山下町 2 産業貿易センタービル4階)


地域に住んでいる一人ひとりが生き生きとして安心して暮らせるまちづくりを目指して